辻田和彰2015年10大自分ニュースを振り返る

2015年、今年はフリーランスになって4年目になりました。

フリーランスの仕事としては広告代理店の制作受託ワークから制作会社のコンサル、Webメディアのプロデュースなど、様々な業務に対応してきましたが、いろいろと手を出しながら何とか収入を得てきました。

中でも今年はワークシフトが自分の中のテーマだったように思います。

10大ニュースというほど大げさなものではないのですが、無理やり10個トピックスを作って、2015年を振り返ってみたいと思います。

 

1.リモートワークのスタイルを確立できた

徐々に在宅をベースにしたリモートワークスタイルに切り替えていましたが、今年は本格的にリモートワークを主体にし、クライアントのアポに行くことをとにかく拒否し続けました。打ち合わせがあってもオンラインのスカイプなら対応可能だと言い張ってみたら、意外と周りがそれに合わせてくれました。世の中の理解も深まってきたから許され、逆に振り切っていることで理解を得られた気がします。

 

2.リモートワークを一年通せたことで子供との時間を作れた

子供昨年末に産まれて、今年1歳になりました。0歳から1歳までの成長は本当に早いもので、驚くくらい身長も、体重も、顔も、性格も変わっていきます。その貴重な成長時期をリモートワークで在宅にいる事でなるべく多く一緒に過ごせた事が一番の収穫です。

 

 3.代理店の受託案件からコンサル案件へのシフト

フリーランスになって初期は過去にお付き合いのあった広告代理店から受託案件を中心に請けていました。それが2年目、3年目と徐々に受託案件を減らし、コンサルティング案件へシフトしてきました。今年は特にそれが強くなり、ほとんどの売上はコンサルベースに。毎月毎月固定でフィーをもらうスタイルになってきました。

 

4.クラウドソーシング活用のコンテンツ運用が3年目に突入

クラウドソーシングを活用し、リモートワーク体制を築いてコンテンツ運用している案件が3年目に突入しました。なかなかクラウドソーシング活用できるかどうかわからない時からトライしていたので、リモートワークでの体制作り含めて試行錯誤して運用してきました。これが私の体制作りのコンサル実績の軸になり、ノウハウになっています。

 

5.Webメディアの運用が1年を越える案件が出てきた

Webメディアのコンサルを始めてから継続的に運用している実績のあるメディアが2年目を迎えました。他のメディア運用も1年近くなるものも出てきており、リモートワークで継続運用できるWebメディアの体制作りは得意分野になってきました。

 

6.リモートワークでたくさんのパートナーに知り合えた

1人でやっていた所を複数のディレクターのメンバーをアサインし、チームで運用できるようになってきました。まるで会社組織のように、ディレクターをリモートでアサインできました。さらに編集長やライターなど、優秀な方や信頼できる方を全部リモートワークを通じて知り合えたことは新しい感覚でした。

 

7.クラウドソーシング経由での採用者が500人を超えてきた

これもまた新しい感覚なのですが、フリーランスとして1人で動いているのに、関係しているスタッフの桁がこれまでとは比べ物になりませんでした。1年間でなんだかんだ採用した人は500人以上になりました。会社組織でも無いのに、クラウドソーシングサービスを使えば、これくらいの規模感の体制を作る事が可能なのです。実質採用費はゼロ。安定して採用ができるコツもわかってきました。

 

8.忙しくなってリモートワークで運動しなくなると太ることがわかった

リモートワークで在宅で仕事していると、どんどん動かなくなります。デスクワーク、椅子に座る時間も長くなります。忙しくなるとなおさらです。リモートワーカーは通勤での歩きが無いので、運動しなくなると明確に太ることがわかりました。座りすぎは体調にも良くないので、運動は必須だと痛感しましたね。

 

9.外出は月1回のペースでリモートワークに専念できた

取引先に僕はリモートなので打ち合わせは行きませんと宣言し、打ち合わせはほぼスカイプ。そうすると、大阪で打ち合わせといった外出は無くなっていき、東京との打ち合わせはスカイプが前提で進めることができました。必要最低限で月1回くらいは打ち合わせで外出していますが、もうそろそろゼロになるかも。

 

10.働く時間は週70時間くらいで働き過ぎレベル

働く時間を週で4時間が最終目標なのですが、全然ダメですね。週70時間は越えちゃって、なんだかんだ働き過ぎです。リモートワークで余裕を持って働きたいのですが、そこがまだまだ現実とのギャップがありますね。少しでも減らしたいのが来年の目標になりそうです。

 

 

というわけで、2015年トピックまとめとしては、

・リモートワークを確立できたこと

・代理店の受託仕事から解放されつつあること

・子どもとの時間を最低限取れたこと

この3つが大きなポイントだったかなと思います。

来年はこの指標をベースにさらに良い働き方を模索していきたいと思います。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ