クラウドソーシングの依頼方法は3つ!「プロジェクト」「コンペ」「タスク」方式をうまく使い分けるのが成功の秘訣

order0612

クラウドソーシングで仕事を依頼する方法は、大きく分けて3つの方式があります。これはクラウドソーシングサービスが依頼方法を選択できる仕組みを取っているためであり、依頼主側はどんな仕事を依頼したいかによって最適な方式を選ぶことができます。

依頼主側はクラウドソーシングサービスで仕事を登録する前に、この3つを理解しておき、依頼したい仕事がどれにマッチするかを検討しておくと良いでしょう。

 

1.ワーカーを選んでから仕事を始められる「プロジェクト方式」

クラウドソーシングの仕事イメージは、いきなりクラウドに投げて、たくさんの知らない人に仕事してもらう…というのが一般的ですよね。

クラウドで募集するんだから群衆から納品物いっぱい集まってくるんでしょ、と思われる方も多いでしょう。確かにそのイメージが強いですが、このプロジェクト方式は違います。

プロジェクト方式とは依頼主側が仕事内容と予算を提示し、そこに対してワーカーが応募し、見積りや実績を提案された後、ワーカーを採用して仕事が発生します。ワーカーを1人1人精査し、採用し、発注するので人材採用活動に近いスタイルになりますね。

そして、ワーカーが決定して仕事が進行した後は、ワーカーの進捗確認を行い、ワーカー納品後の修正作業も依頼し、最終的に満足の行くまでワーカーに対応してもらって納品完了までが仕事になります。ここは制作会社がフリーランスに仕事を依頼する感覚に近く、個人の外注先へのディレクション業務が発生することになります。

実際の仕事依頼例としては、オウンドメディア運営などの継続的な記事本数が発生するライティング業務や、Webサイト制作、システム開発といったプロジェクト単位で行われる仕事と考えてもらえれば良いでしょう。

これまで良い外注先を探すのに苦労していた方は、このクラウドソーシングのプロジェクト方式をうまく活用すると、一気に外注先が全国、全世界に数多く広がっていきます。私自身もプロデューサーとして数多くの外注先を探していた経験があるので、これを使い始めて依頼先が増え、良い人と多くつながっていく感覚がありました。これまでとは全く別物で世界が変わりましたね。

 

2.複数のワーカーにアイデアを応募してもらえる「コンペ方式」

コンペ方式はその名の通り、依頼仕事に対してコンペティションを開催し、複数のワーカーが応募してくれるスタイルです。皆さんがクラウドソーシングと初めに聞いた時に、よくイメージされるのがコレですね。クラウドでロゴデザインを募集して、たくさんの中から選ぶといったようなものです。

コンペ方式はまず仕事に対する報酬単価はあらかじめ決めておき、その報酬をめぐって複数のワーカーにアイデアを応募してもらいます。コンペなのでそこで競争してもらう形です。

依頼主側は順次応募されてくる作品をチェックし、アイデアを採用する方式なので、応募が多く集まれば集まるほど良い納品物に恵まれます。基本的に採用者にしか報酬を支払わないので、その過程でたくさんの作品を見ることができるメリットは大きいです。

そして、採用した作品の応募者にはコンタクトを取ることができ、そのアイデアに対して修正や微調整を依頼することができるので、こちらの要望もちゃんと反映させることができます。

実際の仕事依頼例としては、ロゴデザイン募集、チラシデザイン募集、キャッチコピー募集、ネーミング募集などがあげられます。

依頼主がうまくコンペ仕事募集を作ることができれば、良いアイデアをたくさん募集してもらえますし、下手な仕事募集を作ってしまうと全く集まらない寒い結果になってしまいます。クラウドソーシングサービスの管理画面では応募が随時見れますので、うまくハマってたくさん応募が来ると毎日チェックするのが楽しいですよ。

 

3.小さなタスクを複数のワーカーで作業してもらえる「タスク方式」

タスク方式はマクロタスク方式とも呼ばれ、小さいタスク作業を細分化して発注する方式になります。たくさんの成果物を大量に必要とする際はタスク方式が向いています。

この分野はクラウドソーシングサービス事業者が数多く存在します。クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサービスだけではなく、リアルワールドなどのポイントサービスを軸にした事業者もあります。ポイントサービスは昔からある懸賞サイトなどがベースになっており、仕事というよりはポイントの小遣い稼ぎをする方が多いという印象があります。

簡単な作業で誰でも小遣いができるという謳い文句でユーザーを囲っているため、ワーカーの質にもバラつきがあり品質は決して高くありません。

ですが、1件あたりの作業単価は数円から発注するスタイルになるので、依頼主側のコストメリットは大きく、質よりも量だと割り切って依頼するのが重要です。

実際の仕事依頼例としては、アンケート調査、データ入力、簡単なライティング作業などがあげられます。最近はポスティングや梱包作業といった従来の内職作業なども入ってきており、インターネットを介してうまく工夫すれば、リアルな仕事でもクラウドソーシングで対応できるようになってきています。

タスク方式は仕事依頼をうまく工夫することで、様々な作業をネットを介して行えるため、コストダウンにつながりやすいのが特徴です。既存業務を見直せばクラウドソーシングに置き換えできる可能性を秘めているので、依頼主側のアイデア次第で活用の幅が広がっていくでしょう。

 

最後に

以上、3つのクラウドソーシング依頼方法を紹介しました。このように、それぞれ特徴がある手法なので、うまく使い分けることがポイントです。

この3つの依頼方式をしっかり把握し、何度かクラウドソーシングを使って慣れてくると、自社の業務をどのようにクラウドソーシングで依頼すれば良いか整理していくことができます。使い分けがうまくできるようになることが、クラウドソーシング活用における成功の秘訣になります。

 

とはいえ…

クラウドソーシングでがんがん案件回さない限りは、なかなかこの3つの依頼方法を使い分け、事前に依頼業務を固めるのは難しいのが現実。特に、初めてクラウドソーシングを使う人にはこの3つをどう使うべきかという段階で、ハードルが高くなってしまいますよね。

 

そんな時はぜひお気軽に私に相談してください。クラウドソーシングばかり使っているので、最適な提案をさせていただけると思います。

ちょっとした質問でもウェルカムですので、下記をクリックしフォームからお問い合わせいただけると幸いです。

⇒仕事のご依頼はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ